エドガー・ケイシー探究記

エドガー・ケイシー研究者 光田 秀が伝えたいこと

クローン病の治し方

ケイシーの時代には「クローン病」という診断名がありませんでしたので、「クローン(Crohn)」でリーディングを検索してもヒットしません。 しかし、「腸炎」として分類されるリーディングを調べて行くと、おそらく今日の基準でいえば「クローン病」に分類…

潰瘍性大腸炎の治し方

リーディングを「大腸炎 潰瘍性」というキーワードで検索すると、12件のリーディングがヒットします。これらのリーディングを調べることで、ケイシー療法による「潰瘍性大腸炎」の治し方が見えてきます。 まず、リーディングが見出している潰瘍性大腸炎の原…

生まれながらのアザ(母斑)について

生まれながらのアザ(母斑)に関してリーディングを検索すると、全部で31件のリーディングがヒットします。興味深いのは、その半数近くがライフリーディングで占められていることです。 これは、母斑が、肉体的なコンディションよりも、むしろその人の霊的な…

統合失調症の治し方

統合失調症も、てんかん同様、現代医学が脳にのみ原因を求めているために、真の原因が見落とされています。それ故に、有効な治療法がなく、発病者の多くは、生涯にわたって薬物療法を受け、1割近くの人が長期にわたって閉鎖病棟に入院させられ、その後も入退…

バストを大きくする方法

昨日、バストを小さくする方法を書きましたら、(案の定^^)バストを大きくする方法や、形のよい上向きのバストにする方法の質問をいただきました。 もちろん、嬉しいことに、ケイシーはバストを大きくする方法も、形をよくする方法もリーディングで残してい…

脊柱側湾症の治し方

ケイシーセンターに年に数回くらいの頻度で相談があるのが「脊柱側湾症」です。 先天性の側湾症もあれば、思春期頃に生じる側湾症などがありますが、今日の医学では、軽度の側湾については経過観察の扱いで、湾曲がある程度(10度くらい)を超えたならば、矯…

バストを小さくする方法

忘れないうちに、このリーディングをここに残しておこう。 バストを小さくして、もっと小ぶりのきれいなバストにしたかった25才の女性がケイシーにこんな質問をしました。 胸の大きさを普通にしたいのですがどうしたらいいですか? すると、眠れるケイシーは…

チック症の治し方

体の一部が不随意にピクピク引きつったり、奇妙な声を出したりする疾病に「チック症」というものがあります。 特に顔面に出るものは目立つので、本人もとても肩身の狭い思いをされるようです。 ざっと調べた限りでは、チック症全体に関しては35件のリーディ…

口唇ヘルペスの予防と治療

体力が落ちたり、紫外線に当たるなどして、口唇ヘルペスを発症される方々がおられます。この口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルスⅠ型」による感染症の一種ですが、日本人は7割くらいの人が持っているとされます。なので、免疫を低下させると、多くの人が発…

樟脳精+重曹でイボが取れる!

昨年9月に兵庫で行ったケイシー療法の講座に参加された方から、嬉しい報告をいただきました。 樟脳精と重曹でイボが一ヶ月できれいに取れたそうなんです。 こういう話はご本人の体験談が一番説得力ありますから、ここに写真と一緒にご紹介させていただきます…

てんかんの治し方

てんかんも、今日の医学が適切に治癒できない疾病の一つです。 これは、現代医学がてんかんの原因を脳に求め、脳にアプローチしててんかんを治そうとしていることに原因があります。8割くらいの人は、脳内の爆発的な電気信号の発生を薬剤で抑えることが可能…

歯と歯茎のトラブルには、塩と重曹でマッサージ

歯についてよく相談を受けますが、虫歯や歯肉炎、歯槽膿漏などの歯のトラブルでケイシーが最も勧めたのは、塩と重曹を半々混ぜたもので歯茎をマッサージするという方法です。この場合、歯ブラシではなく、自分の指を使う方がベターとされます。 (問)歯のケ…

手足切断後の痛みを軽減するには

私自身はこれまで、実際に手足を切断された方から質問を受けたこともありませんし、実際に試された方の体験談も得ていませんが、とりあえずこのようなリーディングがあったので、忘れないうちに、このブログにアップしておこうと思います。 何らかの原因で、…

眼瞼炎にはジャガイモパップ

眼瞼炎の治し方について質問をいただいたので、忘れないうちにここに書いておきます。 リーディングは程度に応じていくつかの方法を指示していますが、家庭で出来て、なおかつ卓効が期待できるものは「ジャガイモパップ」です。 やり方は次のようにします。 …

自殺念慮を消す土地の波動!

いま、ふと「自殺念慮を消す土地の波動」についてのリーディングがあったことを思い出したので、ここに書いておくことにします。 私自身がケイシーを知るまでの若い頃、自殺についていつも考えているような人間だったので、このリーディングは特に印象深く覚…